子宮筋腫と自由診療のアフターピルの関係

ピルには、含まれる女性ホルモンの量が少ない低用量ピル、ホルモン量の多い中・高用量ピルがあります。
現在主流となっているのは低用量ピルで、ホルモン量が少ないため副作用が少なく、避妊だけでなく月経前困難症や子宮筋腫、子宮内膜症などの治療にも用いられています。
生理痛や生理不順、子宮筋腫や子宮内膜症など女性特有の症状は、女性ホルモンの乱れによって起こることが多く、ピルに含まれるホルモンによって乱れたホルモンバランスを整え、症状を改善させます。
また毎日正しく服用することで、確実に避妊効果を得ることができるのも特徴です。

アフターピルに代表されるような中・高用量ピルは、含まれる女性ホルモン量が多いため、より高い避妊効果を得ることができるますが、一方で強い副作用が現れるのも特徴です。
性交渉前に服用する低用量ピルとは違い、性交渉後に服用するアフターピルは、避妊に失敗したと思ってからも使用することができる避妊薬です。
性交渉後72時間以内に服用することで、緊急的に生理を引き起こし妊娠を防ぎます。
妊娠検査薬服用後3週間以内に出血が起これば避妊は成功といえ、3週間経っても出血がなければ妊娠の可能性がありますから、妊娠検査薬などで調べる必要があります。また3週間以内に出血があっても、着床出血の可能性もあるので、十分注意が必要となります。

ピルは、月経困難症や子宮筋腫、子宮内膜症などの病気の治療以外、主に避妊目的で使用する場合には、自由診療となり保険は適用されないことがあります。また病気の予防として服用する場合にも、自由診療となり実費となりますから事前に確認しておくと良いでしょう。
低用量ピルとは違い、緊急的に使用するアフターピルは、あくまでも避妊に失敗した時に使用するものですから、日常的に服用しないようにしましょう。
興味のある方は、一度自由診療で診てもらうとよいでしょう。