アフターピル服用後にイライラ気分になることも

イライラする女性アフターピルは、避妊対策をしっかりと行っていた男性、そして女性が、性交渉の時に、万が一のことがあり、妊娠をしてしまった可能性がある際に、産婦人科などの病院で、検査などを行い、それから処方がされるものですが、アフターピルを使うと、女性の場合、気分がイライラすることがあります。
このイライラとした感じは、月経困難症の女性ならば、とてもよく分かりやすい、理解しやすいものです。
月経困難症は、2週間ほど前から、月経前症候群と言って、酷い、吐き気や痛みや頭痛、腰の痛み、便秘、下痢、または鬱状態…そして強いイライラ感が出るものですが、この月経前症候群、とアフターピルを処方されて、処方を受けている間の体の状態というものは、とてもよく似ているとされています。
そのため、いつもより体調がすぐれず、イライラした感情を、オンラインなどのネット環境に書き込んでいる人や、SNSなどのオンラインに、イライラとした気持ちなどをぶつけてしまい人もいます。
また、ブログなどを開設している人の内容を見ると、オンラインブログで、このような上記の辛い症状、めまいや下痢、頭痛などの他、鬱のような状態、そしてイライラとするむかむかとした気持ちの問題をつづっている人がおられます。
このように、アフターピルは、万が一の時の救いにもなりますが、女性が上記のように、後々苦しむ可能性もあるため、妊娠を望まない場合には、しっかりとお互いに、または男性がしっかりと避妊を行う必要性があることを示しています。
また、逆に、強姦やレイプなどで酷い被害にあった方を救うために、アフターピルは存在していることもあるので、それらの点にも注意が必要となっています。