アフターピルの使い方と飲み合わせについて

強い吐き気アフターピルは、緊急避妊薬とも呼ばれ、避妊に失敗した性行為後に服用して妊娠を回避します。婦人科を受診して処方してもらいますが、2種類の方法があります。
どちらの使い方も、72時間以内のなるべく早い時間に服用します。
ヤッペ法では中用量ピルを使うため、吐き気が強くあらわれ、嘔吐するケースもあります。短時間のうちに嘔吐した場合には、再服用が必要です。
アフターピルを服用しても、必ず避妊できるとは限りません。その後、生理が来て初めて、避妊が成立したことが分かります。
注意したいのが薬剤などとの飲み合わせです。市販の薬との併用は問題ありませんが、医師が処方する薬には、飲み合わせに注意するものがあります。
テトラサイクリン系抗生物質やペニシリン系抗生物質は、よく処方されますが、ピルの再吸収を妨げる作用があります。
これらを先に服用している場合には、アフターピルを処方してもらう際に医師に相談してください。
また、ピルの服用後に処方してもらう場合には、ピルを服用していることを伝えて、他の種類に替えてもらうなどしてください。
他にも、ピルの効き目を低下させる薬や、併用すると相手の薬の作用に影響を及ぼす場合もあります。
いずれにしても、医療機関で処方してもらう薬を使用する場合には、注意してください。
他にも、気をつけたい飲み合わせとして、セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)があります。
ダイエット関連の健康食品、サプリメントによく含まれている成分ですが、ピルの作用を妨げる可能性があります。