アフターピルが有効な期間と避妊の再開

アフターピルが有効とされる期間は一般的には72時間以内ですが、その時間を過ぎたとしてもある程度は効果があるので、医療機関を受診して専門医による適切な治療を受ける必要があります。
アフターピルは24時間以内に服用すると95%以上の避妊率なのでほぼ確実に避妊することができますが、時間が経過すると避妊率が低下するので膣内に射精されたことに気がついたらなるべく早くアフターピルを服用する必要があります。
黄体ホルモンを急激に増加させる薬なので軽い吐き気や腹痛などの副作用が出やすいのですが、24時間程度で収まるので、射精から未時間期間で服用できるようにすることが大切です。
また72時間という期間が過ぎていても避妊率はかなり高いままなので、諦めずに服用することで妊娠を防ぐことができます。
効果的な避妊方法としては低用量ピルを毎月21日間連続服用する方法がありますが、飲み忘れなどのリスクがあるので、毎日決まった時間に服用できるタイプの薬も販売されています。
飲み忘れた場合には24時間以内ならば2錠服用すれば良いのですが、それ以上の時間が経過したら、薬の再開まではコンドームなどによる避妊が必要です。
アルコール摂取を控えている女性ピルは基本的には生理周期に合わせて再開するのですが、規則正しく服用しないと避妊効果がないので、時間を決めて毎日服用するなどの工夫が必要となります。
一度飲み忘れてしまうと薬を再開するまでの期間は避妊効果がないので妊娠する可能性があります。
ピルのリスクとして血栓症が有名ですが、これに関しては妊婦と同程度とされているので、水分摂取を十分にするなどすれば恐れることはありませんが、喫煙や過度のアルコール摂取は血栓症のリスクを高めるので注意をしなければなりません。